プロフィール

書家

佐藤雅嵐

Sato Garan

”絵の様に文字を描く” 永い時間をかけ受け継がれたきた書道の古典の学びを土台にし「文字は観るもの、感じるもの」として作品表現を追求。美大出身・元デザイナーという経験を活かし制作する作品は構成、白の空間、線の種類等独特の世界観として定評がある。書を書くだけでなく、額装、展示方法もデザイナーとしての経験値から空間全体を演出した個展ー言葉函-は書道会のみならず、アートの世界でも「静で強い」「雅嵐ワールド」と話題となった。近年は絵画、彫刻家と一緒の活動も多く、読める文字という考えにとどまらず、生きた線としてとらえた作品を発表している。

ご挨拶

書道は敷居が高い・しきたりが多い。と思っている方が多く筆に興味がるけれど習うことに躊躇される方が多いとおもいます。子供の頃に赤で直され、お手本通りでなければダメだという印象が強いからでしょう。書道の作品には正解も不正解もないと考えています。何と書いてあるか読めないということよりも作品を見た時に線がきれい、黒と白の対比が美しいという感性で感じるままに任せて良いと考えています。この考えは自分自身の作品制作だけでなく、筆を持ってみたい書いてみたい。という方へレッスンする時も同じ姿勢で取り組んでいます。書道も絵画や彫刻といったアート作品と同じように飾る、贈るといった暮らしを彩り心を豊かにする身近なもの。それが私の考える書道です。

small_logo

経歴・実績

三駸書道会 日本詩文書協会所属 公益社団法人創玄書道会審査会員
銀座アート書道主宰
NHK文化センターさいたまアリーナ講師
株式会社チャームケアコーポレーション有料介護老人ホームにてアート書道講座

幻冬舎GINGER誌 山田優さんにアート書道レッスン
大河ドラマ手元吹替・日本テレビ「ヒルナンデス」にて作品紹介

2011~2014,2016~2018 毎日書道展 入選
2014~2015,2017~2018 創玄展 秀逸賞
2015 毎日展 秀作賞
2016 創玄展 特選賞
2019 創玄展 毎日新聞社賞
他受賞多数

2020個展「言葉函」NGGナカノギンザギャラリー
他、グループ展参加多数

お問い合わせ・お申し込み

お仕事のご依頼・作品のオーダー・その他ご質問など

書道教室のお申し込み

「作品」「講演」「パフォーマンス」など各種ご依頼お待ち致しております。